Come on! 車のある生活

教習所について色々教えちゃいます!

カテゴリー: Uncategorized Page 1 of 2

軽自動車の魅力

自動車免許を取得したら、早速新車を購入しようなどと考えていらっしゃる方々の中でも、最近人気のある車種として注目されているのが「軽自動車」です。 軽自動車は、何と言ってもその小回りの利くところが運、転免許証を取得して間もないビギナーにとっては魅力的なポイントの一つでもあるようです。最近の軽自動車は、取り回しさの良さに加え、様々な優れた性能もみせているようです。例えば、燃費性能や、安全性能、室内の広さなどにも定評があるようです。狭い道なども楽々と走行できる軽自動車は、駐車場などの取り回しでも抜群の性能を見せているようです。多くのビギナーに受け入れられるのが、何よりも取り回しの良さではないかと思われます。軽自動車は、そのボディの排気量やサイズに制限はありますが、税金の面などでも優遇されてはいますが、最近では一般の乗用車並みの価格で販売されていることもあります。また、その見た目の可愛さから女性たちの人気も上昇しているようです。 コンパクトなボディに可愛さが売りという軽自動車のデザイン性も、大変優れて いることから若い女性ユーザーに大変もてはやされてもいるようなのです 。

自動車免許の取得条件

自動車の運転免許を取得するためには、最低限の定められた条件をクリアした上で、試験に合格しなければなりません。条件に関しては、まず年齢が18歳以上であることです。これは仮免許を取得するときに、満18歳になっていれば問題ありません。次に視力です。両目で0.7以上、その上で左右がそれぞれ0.3以上あることが条件です。もし片目が0.3を満たしていないときには、視野が150°以上あることが求められます。視力は裸眼ではなく、メガネやコンタクトをした状態でも問題ありません。色彩識別は、赤・青・黄色の三色が識別できることが求められます。次に聴力に関しては、90デシベルの音が聞き取ることができれば問題ありません。具体的には、10メートル離れた場所から、自動車のクラクションの音が聞き取れるレベルです。もし合格基準に届いていない場合は、車両にワイドミラーを装着する等の条件を満たせば大丈夫です。最後に、運動能力についてです。そもそも自動車を運転するので、運転に支障がないレベルの身体障害がないことが最低条件となります。次に試験についてです。一般的には、自動車教習所で学ぶ人が多いようです。学校内で、技能講習と学科教習を受講した上で、学科試験に合格すれば免許を取得することができます。普通免許に関しては、仮免許と本免許の2種類があり、どちらも学科試験を受ける必要があります。仮免許は、文章問題50問が出題されて、45問以上正解で合格となります。本免許の方は、文章問題が90問(配点1点)、イラスト問題5問(配点2点)、が出題されており、90点以上を取ることで合格となります。いずれの試験も、基本的な交通ルールを問うような問題となっています。

高難度も道路を通行する際の心構え

実際の道路の中では、クランクでは、右折と左折が何度も連続で続くようなコースなども山道などではしばしば見受けられることから、気を抜かずに、右へ曲がる場合は左に寄せる左に曲がる場合は、右に寄せる、というような意識を、狭い道では常に持っておくことが重要であると言えるでしょう。その際には、自転車や歩行者などの割り込みなどがないかどうかなども、きちんと確認して、見通しが悪い道路であるほど、細心の注意を払って運転しなければならないことは言うまでもないことであると言えそうです。実際のところ、何度も急なカーブが続くクランクなどでは、最初のカーブで失敗した場合、内輪差の関係から最後まで失敗が響いてしまうというようなケースがしばしばあるようで、教習所などでは、幅寄せが足りないというふうに叱られている人をしばしば見ることがあるようです。一つのカーブを丁寧にクリアすることが、次のカーブを丁寧にクリアすることにもつながっているということを覚えておく必要があるのではないかと考えられなくもありません。このような人はコツをきちんとをクリアしなければ、最初の角をではコーナーを難なく回ることができたとしても、次のコーナーやその次のコーナーで困難な事態に陥ってしまうということにもなりかねないわけですから、注意しなければいけないというふうに言えるでしょう。最初に失敗してしまうと、最後まで影響が残ってしまうというのが、クランクの非常に恐ろしい点である、というふうに言えるでしょう。とりわけ、実際の一般道路などの場合には、なれない道を運転する場合などにも、このような点で十分に気を使っておかなければ行かないという風に行けるでしょう。

運転と姿勢の重要性について

姿勢というものも運転をする際には非常に大事であり、疲労を軽減するという意味でも、正しい運転姿勢で運転するということが、何よりも重要であると言えるわけです。あまりにも、運転に適していない姿勢で運転をすることは、体に対して、非常に大きな負担をかけるだけではなく、危険な事故を招きかねない、ということを覚えておくことが、重要だと言えるでしょう。あまりにも、集中するあまり、フロントガラスに首を突っ込んで運転する人などを、しばしば見かけますが、そうではなく、常に、リラックスして、肩の力を抜いてから運転することがポイントであるという風に言えるのではないかと考えられるわけです。正しい運転姿勢として重要なのは、肩の力を抜くだけではなく、両肘を負担がかからないように、軽く曲げて、きちんと正面を向いておくこと、ハンドルに顔が近づきすぎたりせず、座席を下げすぎたりせず、適度にシートの調節機能を使って、うまく合わせておくことが重要だ、と言えるわけです。そして、きちんと正面を向くためには、リクライニング機能を使って、どれくらい座席を倒せば、前を向くことができるのか、ということを考えるのが重要でしょう。車ならではの機能としては、ヘッドレストが付いており、頭の位置をうまく固定したいすれば、首を疲れさせずに、運転することも可能になるわけですから、適切に調節することがポイントである、という風に言えるのではないでしょうか。そして、実際に出発する車を発進させるという風になった場合には、ルームミラーで後方を確認し、フェンダーミラーで後方を確認して、他の車に対して合図をするという意味でウインカーを出して、ゆっくりと発進することがポイントであるというふうに言えるでしょう。

政策としての高速道路

先日とある方がこんなことを言っていました。「これまで高速道路の真の受益者は、自民党の道路族や霞が関の天
下り官僚、そして 建設事業を請け負う土木会社とそこに群がる地方の政治家
たちだった。利用者は受益者どころか、誤った国家政策のむしろ被害者だった
のだ。そしてその被害は、高い物流コストや無駄な税金の投入という形で、高
速道路を直接使わない一般の国民にまで及んでいた。」と。
 そして「高速道路の無料化が進めば、日本の交通インフラは一変する可能性
がある。」と続けます。
 よく耳にする「道路公団が過去につくった40兆円を超える
借金があるために、高速道路の無料化により、国民負担がそのぶん増える」と
する説は間違いであり、これまでも通行料金という形で支払ってきた国民の負
担金は、道路会社にいったん「プール」され、その一部が地方の赤字道路の建
設にまわって、借金はいつまでたっても減っていかないという仕組みになって
いたと言うのです。さらには、「そこで得をしたのは、建設費を差配すること
で権力をふるってきた霞が関の役人たちであり、そこに介在して、建設業界か
ら金集め、票集めをしてきた政治家たちなのだ。」とまで言及します。
 「高速料金の無料化」は、こうしたお金の流れを変えて、利権の構造を覆す
だけの試みとなるはずです。
 高速道路建設を待ち焦がれていた地方の県知事のなかには、無料化により今
後の建設が滞るのではないかと言う懸念を表明している人もいます。しかし、
県民の大半は、通行料が高くて使う気になれない高速道路よりも、少々建設時
期が遅れたとしても、無料で走れる道路のほうが望ましいに決まっています。
 そろそろ日本の地方行政も、公共事業をあてにした経済振興策から、脱却
を図る時期にさしかかかっているのではないでしょうか。

国産ハイブリッドカー

ハイブリッドカーの先駆けは、日本の自動車メーカーです。トヨタがまず史
上初のハイブリッド専用車・プリウスを発売し、当時としては先進的なコンセ
プトと圧倒的な低燃費で世界中にその名を轟かせました。続いてホンダもイン
サイトを発売し、2社は今日に至るまでハイブリッドカーの分野をリードする
存在となっています。なかでも新型プリウスは、経済不況で国内の乗用車販売
が落ち込む中で、発売されるやいなや供給が追いつかないほど爆発的な人気を
呼びました。発売以来、乗用車販売ランキングの常連で、その地位は揺るがな
いものとなっています。
 日本でハイブリッドカーがこれほど成功したのには、発売当時の政権が緊急
経済対策の一環として打ち出した「エコカー減税」の後押しが大きかったと考
えられます。しかしそれ以上に、ハイブリッドという目新しい技術を採用して
いる割には手頃な価格で販売されたことも大きな要因の一つでしょう。
 実際プリウスの燃費は軽自動車を含めた当時販売されていた乗用車の中では
トップクラスで、動力性能も優秀でした。新モデルが発売されると、その居住
性、快適性も向上し、かなりの売れ行きとなりました。何れにせよ、燃費削減
という点では国産ハイブリッドカーは、文句のつけようのない成果を出して見
せました。その成果を、自動車の購入を考える運転免許保有者に予算にかなう
コストで提示できたことが、多くの購買へとつながったと言えます。

緊急事態の対処法

 車の運転手であれば誰でも、緊急事態に冷静に対処できるように、日頃から訓練を積んでおかなければなりません。故障が起きた際、乗客の安全を確保するのはもちろんのこと、その客を説得できるような話術も必要です。客は急な故障でストレスを感じているはずですが、そのまま運転を続けるわけにはいかないので、速やかに車から降りてもらわなければなりません。特にブレーキの効きを信頼できないような状況では、乗客を車から遠ざけなければなりません。仮に乗客が拒んだとしても、粘り強く説得することが求められます。車だけではありません。路肩が弱い地域では、それらが崩れることもありますから、客を離れた場所まで避難させる必要があります。

 例えばタイヤがパンクした時はどのように対処すれば良いのでしょうか。まずはハンドルから手を離さないように気を付けて、進行方向をまっすぐにします。スピードを緩めることが大切ですが、急にブレーキを踏むのは大変危険です。断続的にブレーキペダルを踏んで減速させます。最後に道路の左端に寄せれば、一先ず安心できます。

 ではアクセルが戻らなくなった時は、どうすれば良いのでしょうか。珍しいケースではありますが、焦ってはなりません。まずはギアをニュートラルに入れるようにしましょう。ニュートラルというのは、エンジンの作動が車輪に伝わらない状態を指します。ですからニュートラルにさえすれば自然に減速します。もちろんブレーキも使ってなるべく早く停止させるようにします。減速に成功すれば路肩に停車して、応援を呼びましょう。  ブレーキが効かなくなった時は、誰でもパニックに陥ります。しかしそのパニックを長引かせないことで、乗客や自身の命を守ることが出来ます。具体的な対処方法としては、減速チェンジすることです。エンジンブレーキが効いて車のスピードは緩まります。次にハンドブレーキを引けば、停車させられます。それでも動き続けるようであれば、非常手段として周囲に車をぶつけながら止める他ありません。

タクシーの検査証

 あまり知られていないことですが、タクシーやハイヤーといった旅客自動車の検査証の有効期間は1年間です。更新のタイミングで発煙筒、停止掲示板、停止表示灯が搭載されているかを確認するようにします。更新して時間が経っていなくても、故障は常に生じ得ます。ですから異常に気付いた時はすぐに運転を中止しなければなりません。運転の中止は乗客が居ても、躊躇することなく行わなければなりません。また、故障車の駐車時は、必要な措置を取ることを心掛けます。

 故障の中でも重大なものは、ハンドルやーブレーキに関するものです。これらの異常を放置して運転を続けると、大事故が生じかねません。乗客の指定する目的地が近いからといって、運転を続けることがあってはなりません。乗客に対しては代車を手配するなどして、納得してもらうことが大切です。乗客を無事代車に乗せることが出来れば、故障車は安全な場所に移動させて、後続車に迷惑を掛けないようにします。特に走行自体が不可能に陥った場合、速やかに安全な場所まで移動させなければなりません。移動させることに成功すれば、プロの修理業者、補給業者に依頼するようにします。彼らが到着するまでは、ボンネットやトランクを開けて、停止標示機材、赤旗を取り出して準備します。これらの機材を用いて後続車に知らせなければならないからです。特に夜間の場合、非常点滅表示灯、尾灯を点けることが求められます。

 こうした措置は一般道路でも速やかに行われなければなりませんが、高速道路では更なる注意を要します。まずは路肩や路側帯に駐車することに心血を注ぎます。成功すれば、停止標示機材を後方に置くことが義務付けられています。

こうした大事なことはおそらく教習所や合宿免許先でも聞くことがあるのではないでしょうか。

疎かにせず、しっかり耳を傾けましょう。

旅客運転前のチェックポイント3

 旅客運転前には、装備品もチェックしなければなりません。灯火装置、方向指示器は万一の際に必要になるため、必ずチェックします。エンジンスイッチを入れると前照灯、制動灯を点けることができます。点灯具合、点滅具合を調べるようにします。また、レンズに汚れや損傷があっても正常に照らし出すことが出来ないため、問題があれば修繕します。タイヤも重要な点検ポイントです。適切な空気圧は安全運転に欠かせません。接地部のたわみを目視すれば確認できるため、頻繁にチェックしましょう。万一亀裂、損傷があれば、新しいタイヤと交換します。点検時にたわんでいなくても、釘や石が刺さっていれば徐々にたわみ、損傷します。タイヤの全周を隈なくチェックすることが大切です。その際、摩耗についても気を配りましょう。タイヤの接地面は運転するたびに擦り減ります。溝の深さ等が十分かはウェアインジケータでも調べられるため、目視に加えて確認するようにします。エアタンクも忘れずにチェックしましょう。ドレンコックを開けば、タンクに水が溜まっていないか調べることが出来ます。

 これらのチェックポイントは、車種によって点検すべきタイミングや頻度が異なります。一般に、自家用車であれば定期点検の際に調べれば十分なのですが、旅客に使われる車の場合、点検頻度は高くなります。3か月に1度は定期点検が実施されなければなりません。普通自動車であってもレンタカーであれば6カ月ごとに点検しなければなりません。特に貨物自動車、大型特殊自動車等は点検に際して求められる水準が高いため、慣れた者のアドバイスを受けながら確認するようにしましょう。

身近なところで言えば、免許の取得が可能な教習所や合宿免許があると思います。在籍している教員に話を聞いてみるのもひとつの手かもしれません。

旅客運転前のチェックポイント2

 旅客運転前のチェックポイントとして忘れやすいのは、ウィンドーウォッシャでしょう。洗浄液が正しい向きに噴射されるか、高さが適当かを確認しなければなりません。また、ワイパー自体の確認も怠らないようにします。ふき取りが不十分であれば、雨天時に視界不良を惹き起こしかねません。実際にワイパーを動かし、低速作動、高速作動共に問題ないことを確認します。綺麗に拭きとれるかを、水を流して調べるのも良いでしょう。

 さて、車内にも点検ポイントは存在します。まず空気圧力計は点検必須ポイントとして挙げられます。エンジンをかければ空気圧力が上昇しますが、その上がり具合が適当かを確認します。遅くても問題ですし、標示範囲内に収まらないのも問題です。また、ブレーキバルブも確認しましょう。ブレーキペダルは踏み込んだ後に放すと、バルブから排気音が生じます。その音が正常であることを確認します。

 エンジンルームについては、点検項目が沢山あります。まずウィンドーウォッシャタンクですが、液量が適当かを点検します。次にブレーキリザーバタンクですが、こちらも液量が適当であることを確認します。バッテリーについては、液量が規定の範囲内に収まらなければなりません。車両を揺らすなどすれば、はっきりと確認することが出来ます。ラジエータ、すなわち冷却装置も調べましょう。冷却水の適量は決まっていますから、念入りにチェックします。万一適量でなければ、水漏れが生じている可能性もあり、そのまま運転するのは大変危険です。エンジンルームは他にも潤滑装置、ファンベルトを調べなくてはなりません。潤滑装置の中のエンジンオイル量はオイルレベルゲージで確認することが出来ますし、ファンベルトの貼り具合は中央部を押してみると簡単に調べることが出来ます。少したわむ程度が適当であると言われています。

いかがですか?こうした情報を得ることも免許取得への意欲を沸かせてくれるのではないでしょうか。

もし免許の取得を希望したいなら、合宿免許がオススメです。

ぜひ一度考えてみてください。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén