近年、注目を集めている自動運転に欠かす事のできない要素の1つに「ダイナミックマップ」と呼ばれる立体的なデータ情報があります。皆さんが合宿免許などで自動車教習所のコース上で実技練習を行っている時など、何度かコースを回っていると道の傾斜や障害物のある場所などを覚えてしまう事はありませんか。自動車運転を上達させるコツは、ドライブコースをあらかじめ予習しておくことでもあります。自分が走行する道順をあらかじめ予習しておくことは、余裕をもった快適なドライブにつながり、さらには交通安全に結び付く要素であるとも言えるでしょう。「ダイナミックマップ」は、皆さんが走行する交通情報をあらゆる角度から収集した立体データ(高精度の地図)であります。あらかじめ自動車走行に必要な地図情報を自動運転が熟知していることで、自動走行の安全性が高まることにつながるようです。現在も近未来における自動運転を可能にするための地図情報収取が日々行われているようです。皆さんも安全運転のために、走行前のドライビングコースの確認は用意周到に行いましょう。