車を運転しなくとも週末に遠出をする事に不自由を感じていない人、車の運転免許を所持していなくとも不便さを感じていない人が現代の若者を中心に増加傾向であるようです。また、都会暮らしの中では、車を所有する事柄は、経済的な負担として考えられてしまっている傾向もあるようです。実際に、自動車を購入する際の資金、税金、メンテナンス費用、燃料費、保険料などを考えてみると、自動車を所有する事自体が負担として考える人々がいる時点で、人々の車離れは仕方のない事柄なのかもしれません。合宿免許や地元の教習場、自動車学校に通う費用さえも大きな負担であると考える若者たちがいるというのですから、この先、車を所有するユーザーたちは減っていく一方であると予測がつきます。運転手のいらないコンピューター制御された自動車の開発が、世界中の先進国のメディアなどで賑わっておりますが、車を運転する技術を人間たちが身に付けなくとも車に乗る楽しみを得る事ができるような時代がすぐそこに来ているのでしょうか。実際に、車の運転に興味を失った若者たちにとっては、無人運転が可能な自動車は、まさにニーズに沿ったアイテムである事には間違いがないでしょう。