車の運転に才能が必要かと考えるとプロのドライバーには、もちろん才能的なものが必要であると考えますが、公道を走る一般的なドライバーが、運転技術を磨くには、一番は運転に慣れる事ではないでしょうか。以前、ペーパードライバーについて書かれた書物の中では、運転技術を磨くには慣れ親しんだ道を何度も走り、ドライビングを練習する事が良いと書かれた書物がありました。楽器やスポーツなどもその道の上達には同じ事が言えるのかもしれませんが、基礎を練習する事が何よりも上達への近道なのかもしれません。走り慣れた道順を何度も走る事で、ドライビングに余裕が出てくる事も上達のポイントとなってくるのかもしれませんね。ドライビングの練習には、運転の上手い人に助手席に乗ってもらう事なども良いとの事です。その際には、運転が上手い人であっても運転技術を教える事が下手な人であると、本末転倒にもなりかねないようですので、ドライビングの先生として助手席に乗ってもらう人は選んだ方が良いようです。運転に慣れる為のドライビングを重ねる事で、自分の運転技術に自信と余裕が生まれ、いつの日か運転のうまい人と呼ばれるようになっているかもしれません。