自動車の運転免許を取得するためには、最低限の定められた条件をクリアした上で、試験に合格しなければなりません。条件に関しては、まず年齢が18歳以上であることです。これは仮免許を取得するときに、満18歳になっていれば問題ありません。次に視力です。両目で0.7以上、その上で左右がそれぞれ0.3以上あることが条件です。もし片目が0.3を満たしていないときには、視野が150°以上あることが求められます。視力は裸眼ではなく、メガネやコンタクトをした状態でも問題ありません。色彩識別は、赤・青・黄色の三色が識別できることが求められます。次に聴力に関しては、90デシベルの音が聞き取ることができれば問題ありません。具体的には、10メートル離れた場所から、自動車のクラクションの音が聞き取れるレベルです。もし合格基準に届いていない場合は、車両にワイドミラーを装着する等の条件を満たせば大丈夫です。最後に、運動能力についてです。そもそも自動車を運転するので、運転に支障がないレベルの身体障害がないことが最低条件となります。次に試験についてです。一般的には、自動車教習所で学ぶ人が多いようです。学校内で、技能講習と学科教習を受講した上で、学科試験に合格すれば免許を取得することができます。普通免許に関しては、仮免許と本免許の2種類があり、どちらも学科試験を受ける必要があります。仮免許は、文章問題50問が出題されて、45問以上正解で合格となります。本免許の方は、文章問題が90問(配点1点)、イラスト問題5問(配点2点)、が出題されており、90点以上を取ることで合格となります。いずれの試験も、基本的な交通ルールを問うような問題となっています。