実際の道路の中では、クランクでは、右折と左折が何度も連続で続くようなコースなども山道などではしばしば見受けられることから、気を抜かずに、右へ曲がる場合は左に寄せる左に曲がる場合は、右に寄せる、というような意識を、狭い道では常に持っておくことが重要であると言えるでしょう。その際には、自転車や歩行者などの割り込みなどがないかどうかなども、きちんと確認して、見通しが悪い道路であるほど、細心の注意を払って運転しなければならないことは言うまでもないことであると言えそうです。実際のところ、何度も急なカーブが続くクランクなどでは、最初のカーブで失敗した場合、内輪差の関係から最後まで失敗が響いてしまうというようなケースがしばしばあるようで、教習所などでは、幅寄せが足りないというふうに叱られている人をしばしば見ることがあるようです。一つのカーブを丁寧にクリアすることが、次のカーブを丁寧にクリアすることにもつながっているということを覚えておく必要があるのではないかと考えられなくもありません。このような人はコツをきちんとをクリアしなければ、最初の角をではコーナーを難なく回ることができたとしても、次のコーナーやその次のコーナーで困難な事態に陥ってしまうということにもなりかねないわけですから、注意しなければいけないというふうに言えるでしょう。最初に失敗してしまうと、最後まで影響が残ってしまうというのが、クランクの非常に恐ろしい点である、というふうに言えるでしょう。とりわけ、実際の一般道路などの場合には、なれない道を運転する場合などにも、このような点で十分に気を使っておかなければ行かないという風に行けるでしょう。