姿勢というものも運転をする際には非常に大事であり、疲労を軽減するという意味でも、正しい運転姿勢で運転するということが、何よりも重要であると言えるわけです。あまりにも、運転に適していない姿勢で運転をすることは、体に対して、非常に大きな負担をかけるだけではなく、危険な事故を招きかねない、ということを覚えておくことが、重要だと言えるでしょう。あまりにも、集中するあまり、フロントガラスに首を突っ込んで運転する人などを、しばしば見かけますが、そうではなく、常に、リラックスして、肩の力を抜いてから運転することがポイントであるという風に言えるのではないかと考えられるわけです。正しい運転姿勢として重要なのは、肩の力を抜くだけではなく、両肘を負担がかからないように、軽く曲げて、きちんと正面を向いておくこと、ハンドルに顔が近づきすぎたりせず、座席を下げすぎたりせず、適度にシートの調節機能を使って、うまく合わせておくことが重要だ、と言えるわけです。そして、きちんと正面を向くためには、リクライニング機能を使って、どれくらい座席を倒せば、前を向くことができるのか、ということを考えるのが重要でしょう。車ならではの機能としては、ヘッドレストが付いており、頭の位置をうまく固定したいすれば、首を疲れさせずに、運転することも可能になるわけですから、適切に調節することがポイントである、という風に言えるのではないでしょうか。そして、実際に出発する車を発進させるという風になった場合には、ルームミラーで後方を確認し、フェンダーミラーで後方を確認して、他の車に対して合図をするという意味でウインカーを出して、ゆっくりと発進することがポイントであるというふうに言えるでしょう。