通学の場合には、次回の教習を入れられるタイミングで、卒業までの時間が決まってきます。次の教習まで間が空くことなく予約を入れることができれば、短い期間で卒業することはできますが、一般的には、早く進んだ人でも1ヵ月半以上はかかるようです。混みあっている時期は予約も取りにくく、仕事を持っている人にとっては、予定の調整がなかなかつかず、免許が取れるまで何か月もかかってしまうということになりがちです。

それでも通学しながら短期で免許を取りたいという人には、「通学短期コース」や「短期集中プラン」などの短期間で免許を取ることも目的としたプランを設けている自動車教習所もあります。卒業までの日数は教習所によって多少の違いはあるものの、普通免許であれば3週間程度で免許が取れるようにスケジュールが組まれているようです。

路上教習では地元の道を走ることになるために、日常的に車を利用したいという人には、免許を取ってからも安心して運転することができます。教習のスケジュールはすべて教習所で組んでもらえるため、毎回予約する煩わしさもなく、アルバイトをしながら通いたい人や、習い事やサークルなども続けながら教習所に通いたいという人にとっては、予定が立てやすいのがメリットです。

ただし通学短期コースは、通常の通学コースに比べると料金が高めになり、入学日と定員が決まっているために、すぐに定員に達することもあり、希望する時期に申込みができにくいというのがデメリットといえるかもしれません。料金よりも免許取得のスピードを重視して、通学を希望したいという人は、自分が通いやすい場所にある教習所の募集にタイミングに合わせて、早めに申し込みをすることです。