合宿に参加して短期間で免許を取得するには、それなりのデメリットもあるようです。

通常、普通車の場合は最低でも2週間の教習期間が必要になります。学生の場合は夏休みや春休みを利用して参加する人が多いようですが、その時期は混みあっていて、予約が取りにくく、料金も高めに設定されている教習所がほとんどです。人気の教習所ではすぐに満席になってしまうことが多く、少し時期をずらしても、料金はピーク時よりは安くなるものの、すぐに埋まってしまい、なかなか希望の時期に予約できないのが現状のようです。

合宿期間中は、基本的に帰宅することはできないと思っておいてほうがよいようです。合宿に参加するときは、必ず予定日を確認して、他の予定を入れないようにすることです。

また集中して教習を受けるとはいえ、その間には空き時間があるため手持無沙汰にもなったりします。あまり家を離れるという経験がない人にとっては、不安に感じることもあるかもしれません。そんな人のために、インターネットが無料で使えたり、コミックを置いたりと、合宿所側でもいろいろな対策を考えて、サービスを提供しているようです。

合宿所は全国にあり、自由に場所を選べますが、教習所で走る道も当然その土地の道路になります。免許を取得した後に、実際に自分が運転することになる道路の状況と極端に違った状況になる場合は、通学で、自分の家の近くの教習所を選んだほうがよいかもしれません。しかしながら、雪道など、通常経験できない道路で練習できるという考えかたもできますので、自分の納得できるほうを選ぶことです。